院長ブログ

2016年4月アーカイブ

こんにちは!
仕事はそんなに忙しくないのに・・・何故か忙しい??
な〜ぜ〜???要領が悪いのかな・・・。

サボってました!久しぶりのブログです。

今回はブルーライト!
ブルーライト!ってなあに??
本来ブルーライトは自然界にある光の一部で紫外線と同じ太陽から発せられています。
そのため日没には少なくなります。
(なにやら体の機能に関係しているようです)
ヒトって日の出とともに朝起きて、日没とともに夜はねる!はず・・・。
そう、ブルーライトは体内時計の調整に関与しているといわれています。

しかし近年、このブルーライトを使った機器がたくさん身の回りに増えました。
たとえば、LED照明機器、液晶画面、スマートフォンなどの電子機器などなど。
そのため知らないうちにたくさんブルーライトを浴びるようになってしまいました。

昔は浴びることのなかった夜の時間帯にもブルーライトを浴びることで、脳がお休みモードに入れず、さらに体内時計が乱れて不眠(入眠障害、中途覚醒)を起こすのです。

ブルーライトは短く散乱するので、近い距離で浴びるとたくさんのブルーライトが目から入り、不眠だけでなく疲れ目の原因にもなります。

そこで、どうしてもブルーライトを浴びてしまう方は、LED照明器具等は間接照明としたり、ブルーライトをカットするフィルムやめがねを使ったりすることをお勧めします。

最善はブルーライトを発する機器を使用しないことです!・・・が、現代社会では無理ですね。
(私も毎日電子カルテを見ているので浴びまくりです!)

おしまい