診療案内

理念

病気があっても生き生きと過ごせるよう、包括的治療を行い地域の皆様の健康管理をお手伝いします。

行動方針

①笑顔を忘れず、患者様を家族の一人として想い大切にします。

②自分自身が患者様の立場ならどう感じるのかの気持ちを大切にします。

③初心を忘れず常に向上心をもち、継続的な自己研鑽により専門性の向上に努めます。

④患者様並びにご家族のプライバシーを守ります。

診療科目

循環器内科、内科、心臓リハビリテーション科

診療時間

  日/祝
9:00~13:00
14:30~19:00

★:訪問診療のためクリニックでの診察はありません。

※初めて受診される患者様は予約なしで受診していただけます。診察を円滑にするため、受診目的により下記を持参してください。

① 保険証または医療券
② お薬手帳(現在内服薬のある方)
③ 健康診断の結果(健康診断で異常を指摘された方)
④ その他、医師に見せたいもの

【休診】土曜の午後、日曜、祝祭日

診療方針

① どのような症状でも気軽に相談できるホームドクター(かかりつけ医)として全人的医療を目指します。
② インフォームドコンセント(説明と同意)を大切にし、心の通った医療を目指します。
③ 元気で生き生きと暮らせるように、地域の皆様の健康管理をチーム医療で行います。
④ 専門性を活かして包括的心臓リハビテーションによる多面的心臓病、血管疾患を治療します。

特色とする治療内容

現在、日本における病的死亡原因の多くは、癌、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病が原因の病気で占められています。一方では、心(精神面)の不調が原因となる心身の病が非常に増えてきました。そして、これらの生活習慣病や心身の病には、高度に進んだ医学においても、今だ根本的な療法は確立されていません。ですから、これらの病気や不調を避けるには日頃からの予防が大切です。
予防医学とは、狭義には病気を未然に防ぐ学問といえます。食生活を初めとする、生活習慣を正し、良質なイメージを心に持ち、病や心身の不調に抵抗できる身体を作ることが、これにあたります。病気になったら治すという、治療医学に対して、病気にならないように予防するのが『予防医学』です。また一方で、病気を予防するだけでなく、より広い意味で、傷害の防止、寿命の延長、身体的・精神的健康の増進も予防医学の一環と考えられています。つまり病気の進展を抑え遅らせることも、さらには再発を防止することも予防であるとされています。それに基づき、予防医学は次のように分類されます。
第一次予防(疾病の予防):健康への啓発、健康増進、教育。
第二次予防(重傷化の防止)疾病の早期発見と早期治療、適切な医療と合併症対策。
第三次予防(疾病の再発予防)リハビリテーション。
(日本予防医学会より)

当クリニックでは第一次予防から第三次予防まで、幅広く力を入れています。

(1)循環器疾患

定期的に受診していただき、診察と検査などで下記の心臓病、血管疾患の治療を行います。

1.虚血性心疾患

心筋梗塞や狭心症という病気です。心臓を栄養する血管が詰まったり細くなったりして血液の流れが悪くなり起こります。程度によっては緊急を要することもあります。

2.心不全

心臓は酸素や栄養を含む血液を全身へ送り出すポンプの働きをしています。そのポンプ機能が低下した状態です。息切れ、呼吸苦、むくみ等を起こします。再発を繰り返し生命に関わることもあります。

3. 不整脈

心臓のリズムが乱れる状態のことです。高齢者や高血圧、糖尿病、弁膜症、虚血性心疾患などの病気を持つ人に起こりやすく、緊急を要することもあります。種類によっては脳梗塞を起こすことがあります。

4.心臓・大血管手術後

冠動脈バイパス術、心臓弁置換術、大血管手術等の術後も内服や運動等による治療を行います。また、ペースメーカー植え込み術後の管理も行います。

5.閉塞性動脈硬化症、その他

閉塞性動脈硬化症は足の動脈が細くなり歩くと足が痛くなります。その他、心臓弁膜症は心臓の中の弁が機能低下する病気です。心筋症は心筋の機能が低下する病気です。

(2)心臓リハビリテーション(心大血管疾患リハビリテーション施設基準(Ⅰ))

心臓リハビリテーションとは、心臓病(狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓手術後)や血管疾患(閉塞性動脈硬化症)に対して運動療法や食事療法、心理面のケア等を通じて心身両面にアプローチすることで安心して日常生活を送れるようにするとともに、心臓病や血管疾患の再発を防ぐものです。

1.運動療法

心肺運動負荷試験により患者様に合った最適な運動の強さを決定し、エルゴメータ(自転車こぎ運動)やトレッドミル(歩行運動)などを用いてスタッフの見守りのもとで運動します。

2.学習指導

講義やパンフレットなどで心臓病に対する正しい知識を知っていただきます。また、食事療法や禁煙の実行について指導を行い、日常生活での注意事項も指導します。

3. 個人面談(カウンセリング)

社会復帰や職場復帰へのアドバイスを行います。また、心理的な不安やうつ状態等についてもケアを行います。

4.その他

・運動時間は約1時間(準備運動、有酸素運動、整理運動)。
・自宅での運動療法の指導を行います。
・定期的に運動療法の効果を確認します。
・高血圧症、糖尿病、脂質異常症など心臓病や血管疾患を引き起こす病気についてもアドバイスします。

5.料金

心臓リハビリは保険診療です。
1回の費用は3割負担で約2100円、1割負担で約700円です。
*診療改訂により変更もあります。

(3)内科

高血圧症、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症等の生活習慣病、風邪、インフルエンザ、胃腸炎等の急性疾患、花粉症等のアレルギー疾患などの病気を治療します。また、各種健康診断、健康診断での異常、日常生活での健康に対する不安や自覚症状に対してどこを受診したら良いか分からない等の場合もご相談に応じます。診察、検査により必要であれば専門病院へご紹介いたします。

また、当クリニックは在宅療養支援診療所です。訪問診療も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

ページトップへ