院長ブログ

献血に思うこと

私は出来る範囲で時間を作り献血を行っています。

一般の方々に献血をしていただくことで輸血用の血液ができます。

病気にもよりますが、その輸血用の血液があるおかげで我々医師は安心していろいろな治療ができます。

私一人の献血から作られる輸血用の血液は微々たるものですが、それで助かる命があるなら大変嬉しく思います。

研修医時代に血液疾患の患者さんの治療を行っていた時はよく輸血を行いました。そして、輸血によって患者さんを助けることができました。

クリニックで診療を行うようになり輸血を行うことはほとんど無くなりましたが、病院でいろいろな治療を行っている医療スタッフの方々に献血という方法で今後もお手伝いをしていきたいと思います。

さあ、みなさんも献血という方法で医療に携わってみませんか?

おしまい